檄文!自分から翼賛選挙にしてはだめだ!のびのび行こう!

夢らいん

広島瀬戸内新聞ブログ版」さんの「檄文」を転載します。

★引用開始★

檄文!自分から翼賛選挙にしてはだめだ!のびのび行こう!

(転載大歓迎)

みなさん。

ある有名ブログが、東京都知事選挙の有力候補を批判した記事の削除をしてしまいました。

選挙期間中は候補者に関することはネットでは言ってはいけない、という誤解がまかり通っています。

あるいは、勝手連のビラ配りで、候補者の名前を言ってはいけない、などという誤解がまかり通っています。

公職選挙法が、いまや、治安維持法の機能を果たしており、このままでは、市民自らが、勝手に「翼賛選挙」に自分自身をおいてしまうことになりかねません。

みなさん。「投票してくれ」という記事でなければ、公職選挙法違反ではありません。一般的な政治評論ならたとえ、候補者の批判や褒め言葉であっても、違反ではありません。もし、それまで違反ならそれはそれこそ、はっきり言って、治安維持法と一緒です。

 1942年の「翼賛選挙」に、8日投票の都道府県知事・道府県議会選挙、政令指定都市市長選挙、市議選挙、22日投票の市町村長選挙、市町村議選挙、そして7月22日投票の参議院選挙をしてよいのですか?

 大きい組織や権力をバックにしている候補者が有利になる状況にして良いのですか?

 このままでは、本当に共謀罪などで、日本の民主主義が死亡しかねません。今のうちに「市民自ら翼賛選挙と同じ状態」にすることだけはしてはいけません。

 日本は、いまや、人々の暮らしが政治により破壊されるという「平成版第二次世界大戦状態」ともいえます。その「戦争」を継続したい人にとっては、翼賛選挙が必要なのです。

 みなさん。ネットでも一般的な政治評論は大丈夫です。

 勝手連(個人でも)、街頭で候補者の名前を言うことは大丈夫です。連呼しなければよいのです。

 もちろん、制約の多い、しかし大きな組織にとっては大変抜け穴だらけの公職選挙法を民主的なものに変えるのはすべき運動です。しかし、そのためにも、今過剰に萎縮してはいけないのです。

 今萎縮したら、永遠に萎縮する羽目になるかもしれませんよ。

あなたは、人々の生活が、サイパン島陥落、東京大空襲はおろか、本土決戦のように破壊されても「戦争」を継続させる、まさかそんな選択はされないと思います。

 しかし、萎縮することはそういう結果を招くのです。のびのびいきましょう。のびのびやって、自ら暮らしを守りましょう!

安倍総理関連記事
http://member.blogpeople.net/tback/06610
参院選関連記事
http://member.blogpeople.net/tback/07515

★引用終了★

庶民も立ち上がるぞ!勝手連

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた